Q&A

① 区民みずからが解決していく地域の課題には、どのようなものがありますか

例えば、防災や防犯、交通安全のマナー、環境や美化活動、子ども育成活動などが、すでに地域では取り組まれています。高齢者・障害者など、支援を必要とする方への支えあい活動などが、今後ますます重要となっていくと考えます。

② 風水害や震災における地域の防災態勢は、どうなっているのですか?

これまで同様、災害時には区の職員(すこやか福祉センターや本庁舎の職員など)が区民活動センターに参集し、地域防災態勢の拠点となる地域本部を開設して災害対応を行います。

③ 運営委員会委員の構成は、なぜ町会・自治会を中核としているのですか?

町会・自治会は区全域を網羅して組織され、責任をもって、公益活動を行っている唯一の団体です。

地域におけるこれまでの実績をみても、区は、運営委員会の中心となる人は、町会・自治会の担い手の方たちがふさわしいと考えています。

④ 区民活動センターでは、どのような人が働いているのですか?

区民活動センターには、運営委員会の事務を行う事務局員が2名、集会室の貸し出し等を担当する民間事業者が2名程度、地域支えあいを担当する区職員が2名います。

⑤ 区民活動センターへの要望や意見は、誰に言えばいいのですか?

ご要望などは、区に直接お寄せいただいたり、現場にいる運営委員会の事務局員や民間事業者を通してでも結構です。区は、区民活動センターの管理責任者として、皆さんからのご意見・ご要望に対し適切に対応します。